うつ病の予防と改善について|服薬治療と日常でできること

うつ病のお薬について~うつと上手につきあう~

うつは脳が原因?

相談

脳の働きがうつ病に影響

うつ病の状態は脳にきちんと伝達物質が届いていない状態です。特にセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンが欠乏してしまっている状態がうつ状態と呼ばれます。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれるほど大事な神経伝達物質です。精神のバランスを整える役割をしており、セロトニンが分泌されることで心のやすらぎを感じることができます。次にドーパミンはやる気がみなぎる神経伝達物質です。意欲を湧き出すことができるので、ドーパミンが分泌されると動くことや学習することにやる気や快感を生じることができます。活力を司る神経伝達物質です。そしてノルアドレナリンは神経を興奮させる神経伝達物質です。緊張や不安を感じる神経であり、それを学習する力を持っています。緊張する場に次第に慣れていくのもノルアドレナリンが分泌されているお陰です。それぞれは三大神経伝達物質と呼ばれており、正常に働いていると動物的な本能と人間的な理性を保つことができます。これらが不足してしまうとどうなるのかを紹介していきます。

伝達物質の不足

伝達物質の不足によって、上記で紹介した分泌時のメリットの逆になることが症状として現れてしまいます。まず、安らぎを与えるセロトニンが不足してしまうと、心のバランスが取れなくなり暴力的な性格になったりうつ病を発症する原因となったりします。精神疾患に関わることが多いセロトニンが不足すると精神が安定しなくなってしまいます。次に意欲ややる気をもたらすドーパミンが不足すると、意欲が無くなり抑うつ症状になってしまいます。ドーパミンの主な働きはストレスを打ち消すことができる事です。それにドーパミンによって保っていた意欲を失うと、無関心で無気力な状態になってしまいます。そして、ドーパミンは他の三大神経伝達物質であるアドレナリンとノルアドレナリンを作っています。ドーパミンが不足するとアドレナリンとノルアドレナリンも不足することになってしまい、自律神経失調症などの他の症状に繋がってしまいます。症状が現れたらクリニックへと相談をし、服薬治療を行ないながら早めの治療をしましょう。最後に感情や精神状態と深いかかわりを持つノルアドレナリンが不足すると、気分の落ち込みや注意力の低下が激しくなります。外部から刺激を受けて働くノルアドレナリンが不足することにより、判断する力の低下が頻繁に起こるようになります。それに興味や関心を著しく無くしてしまう症状が発生してしまいます。いわゆる抑うつ状態になります。抑うつ状態は薬の力を借りながら通常の生活に戻れるようにゆっくりと治療を行ないましょう。このように、三大神経伝達物質とうつ病や心身の不調は深いかかわりを持っています。この三大神経伝達物質はアミノ酸がもとになっています。良質なアミノ酸を摂り心身ともに健康な生活を送りましょう。

うつ病は4のストレスから

薬

うつ病にはストレスが原因となっているのは多くの方に知られています。そんなストレスにはたくさんの種類があると知っていますか。うつ病を治療するために服薬療法と他のストレスに対処しましょう。

Read More..

食べ物からうつ病改善

服用

食事からうつ病を改善と予防することができます。食事は人間の活動に必要な栄養素を摂りこむ方法です。アミノ酸を含む食事を摂り、治療薬と共に脳内の伝達物質を改善しましょう。

Read More..

うつ病の線引き

レディ

気分が落ち込んでしまう抑うつ状態は誰にでもおきます。そのため、うつ病との線引きが難しく判断が遅れて、服薬などの治療が長くかかってしまう可能性があります。抑うつ状態とうつ病を見極めましょう。

Read More..

少しずつ進むうつ病の進行

錠剤

憂鬱な気分がなかなか解消できないことや周囲の人にそう感じる方はいませんか。長期に渡って続く憂鬱な気分はうつ病の症状です。早めにクリニックへ受診し服薬治療で回復を目指しましょう。

Read More..