うつ病の予防と改善について|服薬治療と日常でできること

婦人

少しずつ進むうつ病の進行

錠剤

憂鬱な気分が続く

憂鬱な気分を感じることは誰にでもあることです。しかし、それが長期に渡って続くようであればうつ病の可能性があります。うつ病は早期の服薬治療が肝心です。放置しておくと症状が進行していきます。うつ病の症状の進行を把握して少しでも思い当たることがあれば早めの服薬治療を行ないましょう。

抑うつ状態になる

具体的な発症に気づくことができないのがうつ病の特徴です。体に症状が現れることが少ないので、いつの間にか以前と様子が違うとうつ病に気づくことが多いです。うつ病の初期症状は睡眠が満足に取れないことやご飯を食べる気になれない、なんとなく体調が悪いといったように疲れと勘違いしやすい症状です。この症状が改善せずに進行すると集中力が散漫な状態が続き失敗を繰り返すようになります。それが原因で自分はダメだと否定的な抑うつ状態になります。この状態になっても、ゆっくりと休息を取り回復を待つことで自然に治ります。しかし悪化してしまう可能性が大きくあるので、早期の服薬治療を行なうようにしましょう。

うつ病へ進行

憂鬱な気分には何らかの原因があり、その出来事を解消したり元気になるような嬉しいことがあったりすることで解消できます。憂鬱な気分とうつ病との大きな違いは、憂鬱感に原因があるかどうかです。うつ病の特徴として漠然的な不安感を感じる事や憂鬱感が何をしても消えず続くことです。それに加えて否定的な感情が消えないため、周囲が話しを聞いたり気を紛らわせようとしたりと憂鬱感を解消しようとしても消えることがありません。今までは気を紛らわせるようなことがあれば元気になっていたのに、ある日突然それすらも億劫になっていませんか。また、周囲に落ち込みが長く続いている人はいませんか。うつ病が進行して抑うつ感が解消できない状態かもしれません。早めにクリニックへカウンセリングへ行き服薬治療でうつ病を治療しましょう。周囲にそう感じる方がいれば、クリニックへと受診するように勧めてみましょう。うつ病は本人では気づきにくい病気です。また、本人が認めたくない病気でもあるので、クリニックで受診するように背中を押してあげましょう。うつ病は早期の治療が重要です。回復のスピードが非常にゆっくりなので、うつ病と気がつけばクリニックを受診して服薬治療で回復に専念しましょう。