うつ病の予防と改善について|服薬治療と日常でできること

婦人

うつ病の線引き

レディ

落ち込みは誰でもある

激しく落ち込む事や疲れから何もやる気が起きないという事は誰にでもあるものですよね。うつ病との線引きは難しく、薬が必要かの判断も難しいです。このように心が不調になっている状態を抑うつ状態といいます。この抑うつ状態とうつ病を見分けるのが難しいですよね。それに、誰にでもある事だからと放っておくとうつ病になり、多めの服薬治療が必要になってしまったという人も多くいます。抑うつ状態とうつ病を見極める力は必要です。うつ病は早めの治療で治るので、うつ病の症状だと気づいたら服薬治療や認知行動療法などで治療をすすめましょう。

抑うつ状態とうつ病

抑うつ状態とうつ病に線引きをするのであれば、そのような状態がどのくらい続いているかです。気分が落ち込んでいる抑うつ状態であれば数日ほどでだんだんと嫌なことも忘れてきますし、気晴らしに遊びに行くことで憂鬱な気分を忘れることができます。しかし、うつ病は数日では治まらずに何週間に渡っても同じような気分が続きます。それに、気晴らしをしに行こうと思ってもその気力さえ起きなかったり、誘われていっても楽しい感情が出てこなかったりします。そういった状態がうつ病の症状です。確実に治療が必要なので、気分の落ち込みは誰でもあると思わずにクリニックで受診し、早めの服薬治療を始めましょう。服薬治療では主に抗うつ剤を用いており、うつ症状を緩和してくれるので元の生活に近い状態にまで戻すことが可能です。しかし、抗うつ剤を服用しないと再び抑うつ症状が出てしまうので服薬治療を続けていく必要があるのですが、医師の指示の元服用するように注意しましょう。用量を勝手に増やしてしまうと症状が悪化、もしくは最悪な場合死に至ることもあるので用法用量を守って服用することは大切な事となります。また、症状が良くなっても自己判断で服薬治療をストップしないようにしましょう。服薬を止めてしまうと再発する可能性があり、うつ病は再発すると余計に治療が長引いてしまう傾向にあるのでしっかりと治療するためにも服薬治療は医師に判断してもらってから行なうと良いです。